投了待ちの二歩(追記あり)

(731字)

最近はニコニコ動画のランキングで話題を知るようになりました。そこで気になれば、noteに検索をかけてまとまったものがないか探す…という流れ。

 

今回の、金魚坂さんと夢月さんの件。色々と不明瞭な部分もあるし、数ヶ月前のアイドル部のどんでん返しが教訓になったか、全体的に慎重な判断が多い印象。それはそれで、良い傾向だと思います。

個人的な感想を言うと、タイトル通りです。ほぼ勝ち確の状況だったのに、自ら反則を犯して勝者不在エンドを迎えてしまった(もし見たまんまなのであれば)。

パワハラがあったとしても、内部情報を外部に漏らしたらおしまいです。頼っていいのは、職業上知り得た秘密を漏らさないという義務を負った弁護士だけ。もう周知の事実かと思っておりましたが、鳴神裁は別に駆け込み寺ではありません。そこに情報を漏らした時点で、社会人としては死にます。今後何らかの形で活動しようとしても、情報漏洩しかねない人とは怖くて誰も付き合えないでしょう。何者とも関わりを持たず生きていくなら別ですが。クリムゾンも好きなVの一人に挙げたりして、かなり期待値の高い新顔だっただけに残念ですね。

 

夢月さんも「訛り被りの後輩にパワハラしそう」と思われる時点でどうにもならない。訛り以外に特徴がないと言われてるようなものですから。

もし本当なら、戌神さんに後から訛りキャラをとられたのが余程腹に据えかねていたのか…と心中お察ししますが、そもそも、訛りなんて昔からある方言であって、誰かのものでもありませんからね。キャラづけという意味に限定しても、古典的な手法ですし。設定も酷似、見た目も酷似というならともかく。

 

まあ、額面通りなら誰も幸せにならないので、何か間違っていることを祈ります。

 

 

(追記 7/22 AM)

やや進展がありましたが、ほぼ変わらないですね。

夢月さんの公開したやり取りに限って言えば、金魚坂さんの対応やロジックは至極真っ当に見えます。厳密に聞けば使い方の違う訛りだし、夢月さんのキャラづけ用のものと違って金魚坂さんは稀にうっかり出てしまう方言であって、被せるとかの他意はない。そもそも訛りなんて誰かがコピーライトをもつものでもない。

個人的な考えを一つ挟むと、地元訛りなんてほとんど生理現象ですから、これを禁じようというのは「授業中は絶対トイレダメ!」みたいなもので、分かりやすく体罰です。

直接の会話を強く求めているのもちょっと怖い。自分の意図を正確に説明したいのなら、そのままチャットの文章で伝えればいいし、文字で伝えられない何かがあるとするなら、それは言外の圧ということになります。

 

ただし、金魚坂さんの契約解除も内部情報を漏らした時点で妥当な判断でしょう。リーク先は「金魚坂本人ではなく友人から」と庇っているようですが、仮にその通りだとして、仕事上のやり取りを友人に漏らす時点で社会人としてアウトです。

ため息しか出ませんね。

雑記

(933字)

遅ればせな話題ですが、あにまーれ新人来ましたね。例のジェネリック宗谷いちか(と勝手に呼んでいる)瀬島るいさんは、色々と興味深いものがありましたね。なんというか、同じような人が来たら意外に嬉しいとはならないんだなと。まあ、新人には既存と違うものを求める傾向にありますよね。同じポジションだと客層の開拓にも繋がらないし。

…にしてもソックリでしたね。似てるとかいうレベルじゃない。熱狂的な信者か、年中顔つき合わせて暮らしてるか、血縁者か。そーいうレベル。まあ、ファンなんでしょうね。mixiを知らないのがマジなら、だいぶ若い。喋りって結構簡単に影響されるんですよ。わたしもかつて延々と「5時に夢中!」の月曜過去回を手当たり次第漁って、マツコに脳味噌を支配されている時代がありました。あとはいつ独り立ちして、「らしく」なるかですね。

もうお一人はまだ人柄を把握できていないので何も言えませんが(けっこうFPSやってるクチ?)、呪いのピンクに打ち勝つという隠れ使命もありますし、割と可愛がられるのではないでしょうか

  • 人畜無害という希少性

ピンクつながりで季咲あんこさん。目出度く、新衣装とver2.0へのアプデも決まりましたね。

ずーっと界隈を見てると、ああ、こういうのって稀有なんだなと最近つとに感じてきました。人畜無害と言われればそれまでなんですけど、それが少なすぎる。たとえば宇宙人がやってきて

お前に一年後死ぬ呪いをかけた。

ただしVtuberを一人選んで、そいつが一年間全く炎上しなければ呪いをといてやろう。

炎上したらその時点で死ぬ。引退しても死ぬ。さあ選べ。

とか言われたらどうします?しかもその上、Vtuberに意外とくわしくて

ちなみにピンク色限定な。

とか言ってくる鬼畜だとしたら?わたしは間違いなく季咲あんこを選びます。

 

  • 最後にどうでもいい話

「メアリの梅酒」500本限定って絞りすぎじゃございませんこと?飲食物は色々難しいっていうのはその通りなんですが。あっという間に完売しましたね。嗜好品は割と財布の紐緩みますし、ジュースみたいなお酒は人を選ばないし、なんなら複数あってもお腹に消えますし。

今度はレシピ本あたりも期待したいですね。

『ドリオ夫人』

(2977字)

の話をしたいんですよ。いいでしょう?だってこの作者、ユーザーローカルにも登録されてるし。過去に7,8回はバーチャルユーチューバーとしての自己紹介動画を初投稿してるし。ちなみに、バーチャルユーチューバーとしての動画ならこれが好み。

EDM系だとこれが好き。

もはや説明するまでもないと思いますが、例の『ウ”ィ”エ”』の作者ですね。YouTubeで活動するベーシストがこぞって弾いてみた動画を投稿し、フォロワーによる2次創作も数々。

名前はバーバパパ。ニコニコが衰退した今の日本のネット社会において、力づくで道をこじ開けて世の中に認知させた鬼才。

で、最新作が掲題の『ドリオ夫人』。

皆さん既に指摘済みの要点を、簡単におさらいします。

まず、ドリオとは何かの確認。以下のリンクにもあるように、由緒ある幼児玩具メーカーのおもちゃです。

白い木とカラフルなランドセルのモチーフ。

ストーリーについては説明せずとも、見てお分かりの通りでしょう。子供達が白い木にイタズラをして、家主の夫人の餌食になる。一人はなんとか抜け出した、というお話。

で、野外に生えまくってる植物は大麻(インディカ?)。途中で子供が通った後に生えている(あるいは生やしている)方はかなり背が高い。適当に調べればお分かりの通り、暑くて乾燥した地域では水分を節約するために背の高い品種(サティバ)が生えるらしいので、そちらなのでしょう。この乾燥についてはまた後で触れます。

麻薬について考える際は、バーバパパ氏の他作品も参照する必要がありそうです。大概、ラリってそうな作品ですが、一つ挙げるなら『思い出してEDMにしました』。

こちらはマジックマッシュルーム。ベースをやっていた魚人くんが(悪い人たちに唆されて)薬物に溺れたという話。この系列の音楽に共通しているのは、ざっくり言えば「裏拍中心かつメインポジを与えられたエレキベース」。最たる例が『ウ”ィ”エ”』ですね。

もう一つ確認しておきたいのは、参照元と思しきゲームの存在です。この人の多くの作品には、ゲーム(特に64世代)のオマージュが織り込まれています。

最近なら『砂のやつのアニメ』。

ヨッシーストーリー』のSEやBGM。脇道に逸れますが、Eテレ系のオマージュも多いですね。この動画は『ニョッキ』でしょうか。冒頭の動画なら『ロボットパルタ』や『おかあさんといっしょ』、ゴロリが踊る動画もあります。

話をゲームへ戻します。こちらも探せばたくさんあるでしょうが、ひとまずこの動画。

ご覧の通り、GCの名作『カービィのエアライド』のパロディ要素が含まれています。

で、なんでゲームの話かといったら、今回の『ドリオ夫人』にも関係があるからです。

顕著なのは子供が脱出する前に行うケツワープ。RTAのバグ技で最も有名であろう、『スーパーマリオ64』のあれですね。これに付随して、先日まとめてリメイク移植された『スーパーマリオサンシャイン』『スーパーマリオギャラクシー』のオマージュなのでは?という箇所も指摘されています。サンシャインは子供がイタズラするオレンジ色の汚れなど、ギャラクシーはねじれ廊下。個人的には、ねじれ廊下は『時のオカリナ』かなと思っていますが。美術の教科書にも取り上げられたくらいには、有名ですし。汚れに関してはずっと謎だったので、割と納得感があります。バズーカ(もしかしてこれもマリオ64オマージュ?)の登場も唐突だし、子供の木に対して行うイタズラ表現のファーストチョイスとは考えにくい。

さて、文脈的な要素については一通り攫ったので、残りはまったり本作品の細部に目を向けて終わりにしましょう。

まず気になるのは、子供に腕がないこと。木にイタズラするときも脚で蹴っている。ただ、囚われた子供が扉を開けたり、慌てて閉めたりという挙動もあるため、ないから『手を使えない』とも断定しがたい。一方夫人は、筋繊維剥き出しの腕をお持ちのようです。子供を叩いて気絶させたり、踊る木の前で手拍子したりと、手を使った動作が印象的ですね。

ふと思ったのですが、もし本当に腕(というか肩から先)がないのなら、どうやってランドセルを背負っているんでしょうね。映像をよく見ると、腕を通すベルト部分も遮られず見えているので、たしかに腕はなさそうです。

投げつけられる汚れを見ている視点は、木のそばに立っている子供たちですね。最初は左右に揺れて、次に縦揺れ、最後に再び横揺れ。直後の映像の通りです。

そして、子供が通った後に背の高い大麻が生える。上で述べたように乾燥地域の大麻ですから、子供たちのせいで乾燥してこうなってしまったのかもしれない。なぜかって、汚れはサンシャインの文脈では『水でキレイにするもの』で、「汚れ/水」の対立項が成り立っているから。もしかしたら、夫人はインディカ推しで、サティバが嫌いなのかもしれません。怒られても文句は言えませんね。

そして屋内。ドーナツは麻薬の暗喩。家には何やら管が通っていますね。モノクロ世界のなか、夫人の鮮やかな色彩のドレスが目を惹きます。ちなみに、麻薬を摂取すると世の中が色鮮やかに見えるそうです。モノクロなのは健全の証か。他の子は木や床に埋まっちゃった模様。ランドセルの色は、分かりやすくこの子の現在の状態を表しています。基本黒(健全)ですが、机の上で頭を振るとき、一瞬黄土色(薬物中毒)になっている。

続いて屋外階段を昇るシーン。直前は黒でしたが、ここでも再び色(赤茶系?)がつく。階段も色付いているので、トリップ状態で天にも昇る心地の表現か。初めて屋根が見えて、瓦のようにランドセルを敷き詰めていることが分かります。それだけの子供が囚われたと。実際には、木の脚の長さからして大人も大勢とは思いますが。煙突はタバコのような色合い・質感。大麻を吸引するとき使われるやつでしょうね。

さっきの同じ部屋のループや合わせ鏡の風呂場は、比較的モノクロ。禁断症状が出ていて、なんとか薬物を絶って抜け出そうと必死にもがく様が描かれています。ねじれ廊下は色つきなので、一度薬物に戻ってしまう。

そして最後の風呂場。ケツワープでなんとかこの薬物中毒の迷宮から脱出できました、めでたしめでたし。とはいえ、ランドセルは若干茶色いので油断できませんね。

 

 

要するに。

薬物は怖い、そういうことでした。おしまい。

 

(思い出し追記)

時期の謎がありましたね。

ハロウィンって通常10月末なんですが、なぜ9月末の投稿だったのか。誰か分かる人教えてください。

YouTube利用規約について簡素な報告

(1006字)

※前記事の追記にするつもりでしたが、若干長くなったので分けました※

 

一つ見落としていたので、YouTubeの規約についてだけ。個々で調査済みとは思いますが、念のため。
2019年12月10日付の一番新しい利用規約で、関係しそうなのは「許可と制限事項」の以下の部分か。
本サービスまたはコンテンツのいずれかの部分に対しても、アクセス、複製、ダウンロード、配信、送信、放送、展示、販売、ライセンス供与、改変、修正、またはその他の方法での使用を行うこと。ただし、(a)本サービスによって明示的に承認されている場合、または(b)YouTube および(適用される場合)各権利所持者が事前に書面で許可している場合を除きます。

一応念頭にあるのは「YouTubeの動画を転載しないでね」ということに見えますが、YouTubeのコンテンツの一部であるアナリティクスを公に晒すのも、好ましくはない…といったところでしょうか。少なくとも、転載の一種である切り抜きと同程度には後ろめたい。
YouTubeの本元であるGoogleのほうが、参考になるかもしれない。こちらは明確に「Googleアナリティクス利用規約」というものがあります。

以下自分なりの要約。
 
当然アナリティクスを出すにも、データを追加で得たり、処理したりでコストがかかるけども、実質無料で提供しますよ。
ただその分析内容は「再使用許諾権のないライセンスをお客様に付与」する形での提供だから、パクったり、それを使ってなんかしたりはやめてね。
これ一応秘密のやつだから、お互い、相手に無断で公開しちゃダメだよ。僕も君の個人情報を勝手にバラしたりしないから、君も勝手に僕の分析を他人に見せたりしないでね。約束だよ!
 
要約終了。YouTubeでアナリティクスの扱いが明記されていないと捉える立場なら、こちらを参照することになるでしょう。そして、実際にGoogleアナリティクスをブログやサイトに公開したら、広告収益を停止されたという事例が報告されています。いやまあ、利用規約読む限り当然といえば当然ですが。
そういうわけで、政治的なことは一旦抜きにしても、アナリティクス開示はあんまり良くないからやめとこうね、という話。

最近のニュースに関する雑記

(1193字)

正直、最近は界隈の話題に疎くて、大手のネットニュースやまとめサイトに取り上げられるレベルになって初めて知るパターンも増えました。その意味で情報保管庫の日報は有難いですね。今回はその日報で初めて知ったことなどの話。

 

一つは、意外に有名どころの企業でも公式Vが誕生していたということ。ミズノとかケンウッドとか、バリメジャーなのに全然知らなかった。そして興味深いのがUHA味覚糖の公式V「六葉ミカ」。こちらは既に一年ほど活動しており、契約終了が決まった…のですが、どうやらお知らせツイのリプを見る限り、その後も活動は続くらしい。よく見るとポリゴンマジックという会社も関わっているようで、そちらへ一任になるのかなと一人納得。完全個人で放流だと、さすがに元の企業的にリスク高い(万一やらかしたときに元○○が独り歩きするかもしれない)よなぁと不思議がっていたところでした。ポリゴンマジックは、どうやらゲームやパチスロなどの映像・3Dモデリングが主戦場の会社らしい。それでVに熱心なのかな?

ポリゴンショック世代からすると、結構ドキッとする名前ですね。ともあれ、Vへのモチベーションは維持されているようなので、今後注目していきたいと思います。

 

もう一つは、あれですね。赤井はあと・桐生ココ両名の謹慎にまつわること。組み合わせに違和感というか、桐生ココが謹慎処分を受けるって何があったんだろう?という第一感。全く知らなかったので概要だけ確認しましたが…いや、本当に驚き。驚きというより恐ろしい。木端のわたしですら口にするのを憚るところに、あれだけ数字のある人たちが首を突っ込んだという恐ろしさ。しかも、企業の公式声明が…。いや、本当に怖い。パンドラの箱を開けたというべきか、絶対踏み込んじゃいけないところに踏み込んだ。まあ、もしかしたら、ものすごく丸く収める形で捉えればウッカリ(それでも一般的な社会常識からすれば考えられない)だったのかもしれない。…のですが、企業としての対応がこれ以上を思いつかないレベルの最悪手。

本当にシンプルに怖いです。別にどこの運営も褒められたものではないでしょうが、これは良い悪いではなく、理解が出来ない。ひたすらに分からないから、ただただ怖い。桐生ココが当事者というのもかなりエグいものがありますね。界隈では賢明な部類で、コモンセンスのある方と思っていたのですが、それでもこうなるのか…と。何か特殊な事情でもあったのか、あるいは界隈の人材難が想像以上に深刻なのか。

これに関しては恐ろし過ぎて、事の顛末を追う勇気が出るかどうかも怪しい感覚を覚えています。

 

世の中がせめて、もう少し平穏無事にならないものかと思う今日この頃でした。おしまい。

 

雑記(アーカイブをいくつか)

(1145字)

今月いっぱいの公開らしい。昔のイケイケしか知らなかったんですけど、すーごい。あの時でもトップオブトップだったのに、そこからレベルアップしてる。最近ベース始めたので、ベースに意識が行きがち。お気に入りは『あなた』と『Stay Gold』。

『あなた』ってしばらく歌詞の意味が分からないまま聴いてたんですが、幼い我が子への曲なんですね。「一日の終わりに撫で下ろす/この胸を頼りにしてる人がいる」ってそういうことか、とアハ体験。おっぱい星人の彼氏の話じゃなくて良かった。というか結婚(のち離婚)して子供がいることすら知らなかった。

ようやくわたしにも虎城さんがどういう方か分かってきました。なんというか、切ないですね。性的マイノリティ。昔を思い出す。

比較的IQ高そう同士の獅子王さんと話しているときが個人的に一番ストレスなく楽しめます、話の飲み込み的に。獅子王さんが実際IQ高いかどうかは知りませんけど、パッと出る喩えが冴えてる。

虎城白宮の絡みも、あれはあれで好き。

 

「IQが20違うと会話が成立しない」は俗説というかざっくりし過ぎですけど、言葉遣いを知ってる知らないだったり、話の予測(この後こういう展開という読み)は合う合わないあるんだろうなと。余談ですが、わたし自身は話の続きの予想が病的な癖になっています。テレビから流れる会話や電車内で聞こえる会話に対して、この言い方だとこう進むと無意識に想像して、当たり外れを確認する。言葉のコロケーションやイディオムを学ぶ良い機会でもあります。ただ疲れる。

ご存知古株さんの銀盾。めでたいですね。シスプリもそうですが、曜日も尺も決まっててしゃべりもしっかりしているので、見やすい。最終的にはこういう安定へ落ち着く。あと、献身的な切り抜き師の存在は大きいですね。やっぱり。YouTubeでもTwitchのクリップみたいな感じで、公式が気軽に切り抜くのもアリだと思っていますが、どうしても力が入るんでしょうね。字幕やら編集に手間がかかって、結果的にペースダウンとなる。タイムスタンプがクリップの役割を果たしているといえばそうなんですが、そもそもアーカイブを開こうと思わない層が大半でしょうし…なかなか難しい。

 

 

まあ要するに、今日も地球は廻ってる。そんなところです。おしまい。

774inc.眼鏡属性未開拓説

(1158字)(のち訂正有)

はい。そうです。暇つぶし。櫃まぶし。

きっかけはこれ。

直前の定期ラジオ枠が一応本編で、こちらは恒例の延長枠。集客力にだいぶ差がある(ように見える)。

確かに、長時間アーカイブは何日かに分けて消化する人もいるため、その分有利といえば有利です(どっちも長いが)。それにしても再生数が違い過ぎる。では他に要因が?

そこで行き着いたのがサムネ。Switchで遊びつつアイスをくわえたダウナーな表情の青髪の女の子が、背もたれにだらんとなって後方上空(にいるであろう誰か)を見上げる図。これの刺さる新規・離脱層が一定数いたという考えです。

 

そういえば、774inc.には眼鏡属性がいない。差分で眼鏡をかけたりはいますが、デフォルトで眼鏡!という人はいない。だからこそ今回、普段届かなかった層にも到達できたのでは?と。

なぜいないのかについては、一般的にマイナー(不人気と呼ばれがちな)属性だから、というのが一つの答えかと思われます。メジャー属性の組み合わせで被るほど数打つ箱ではなく、かつガワ先行のオーディション形式でもない(演者が決まってからその意向に沿ってガワが作られる)ため、これまで本人の希望として提案されなかった結果の眼鏡属性ゼロなのでしょう。

しかし、反例もあります。皆さんすでにお気づきでしょうが、アイドル部の神楽すずです。たった12人で始まった(そして現在まで完全新規の追加もない)箱にも関わらず、眼鏡属性を今なお貫いています。眼鏡については本人の強い意向で実現しており、運営は消極的だったとか。それも理解できます。たった12人しかいない、しかも「アイドル」部という可愛い方面の高いハードルを自ら課す名前で、一枠マイナー属性に割くリスク。あるいは、箱内のメインヒロインたり得ないという自己分析のもと、ニッチな層を狙う冷静な判断だったのかもしれません。ついでにいうと、一般に緑髪も代表的なマイナー属性として認知されております。こうも重なるとは、意図的なものなのか、はたまた単なるドMか。

「不人気属性をてんこ盛りにしたら一周回って人気になるのでは」というネタ、けっこう好きなんですよね。大抵「何を不人気属性とするか」で揉めて終わりますが。そういえば昔、宝鐘さんがサクラ大戦の推しキャラ李香蘭について「眼鏡・緑髪・そばかすと不人気属性ばっかり付与されてて悔しい」みたいなこと言ってましたっけ。

(訂正:コメント欄にも書きましたが「李香蘭→李紅蘭」「緑髪→イメージカラーが緑」と誤りがございました。謹んでお詫び申し上げます。そして、ご指摘ありがとうございます!)

 

要するに、不足属性を補うという考え方もあるというお話。ちなみに、差分で属性を名乗るのは甘えです。保険をかけたり、生半可な気持ちではニッチ層の心を動かせない。やるならいつか来るかもしれない新メンバーのときでしょうね。

それでは、お粗末様でした。